尋常性ざ瘡について
ディフェリン®について
ディフェリン®の特徴
作用機序
作用機序
尋常性ざ瘡とアダパレンmovie
臨床試験
国内12週有効性検証試験
国内12ヵ月安全性検証試験
安全性
皮膚刺激発現の推移
製品基本情報
Expert Report
vol.1
vol.2
vol.3
患者調査
適正使用にあたって
患者指導用資材
学術情報
FAQ
ディフェリン®ゲルの患者指導用サポート

皮膚真菌.jp ウェブサイト
作用機序
アダパレンの作用
面皰減少作用(ライノマウス)
細胞分化抑制作用(in vitro)
アダパレンの作用
アダパレンは,表皮角化細胞の分化を抑制することで,面皰の形成を抑制し,非炎症性皮疹と炎症性皮疹を減少させる。
アダパレンはレチノイン酸受容体※1(RARγ)に結合し,遺伝子転写促進化を誘導することによりレチノイド様作用を示す。ディフェリン®の局所投与により,表皮角化細胞の分化が抑制され,非炎症性皮疹と炎症性皮疹が減少することが考えられる。
アダパレンの作用
このページのトップへ
面皰減少作用(ライノマウス)
ディフェリン®は,濃度依存的に面皰数を有意に減少させた。
表皮面皰数はアダパレン濃度の増加に伴い減少し,ゲル基剤84.6 ±3.4/cmに対して0.1%では23.2 ±1.2/cmであり,減少率は73%に達した。また,表皮厚の増加も観察され,ゲル基剤では16.0 ±0.52μmに対して0.1%では44.4 ±1.47μmであり,約2.8倍に増加した。
■ ライノマウスにおけるアダパレンゲル0.01〜0.3%の面皰減少作用
表皮面皰数表皮厚
(平均± S.E.,n = 10) Tukey の多重比較検定
*:p < 0.05(対 ゲル基剤) **:p < 0.05(対 アダパレンゲル0.01%) ***:p < 0.05(対 アダパレンゲル0.03%)
ライノマウスでは,毛包上部に角質細胞と皮脂で満たされた卵形の嚢が形成される。この病変は組織学的にはヒトの面皰形成とよく似ている。
アダパレンを塗布すると卵形の嚢が平らになってきて,表皮の厚さが増すとともに面皰病変が消失している(塗布開始3週間後)。
【試験方法】
雌雄ライノマウス(5 〜 6週齢,n =10)の背部皮膚に,アダパレンゲル 0.01,0.03,0.1 及び 0.3%とゲル基剤をそれぞれ 50 μL を1日1回,週5日(連続)の頻度で3週間塗布(単純塗布,塗布面積:約2cm2)し,塗布部位の皮膚生検(直径 6 mm)を採取し,切片の顕微鏡画像解析を行った。雌雄ライノマウス
社内資料(ライノマウスにおける面皰減少作用)
【効能・効果】<効能・効果に関連する使用上の注意>(一部抜粋)
(1)本剤は顔面の尋常性ざ瘡にのみ使用すること。
(2) 顔面以外の部位(胸部,背部等)における有効性・安全性は確立していない。
【使用上の注意】 1. 重要な基本的注意(一部抜粋)
(1)過敏症や重度皮膚刺激感が認められた場合は,本剤の使用を中止すること。
(2)本剤の使用中に皮膚刺激感があらわれることがあるので,使用にあたっては,事前に患者に対し以下の点について指導すること。
3) 日光又は日焼けランプ等による過度の紫外線曝露を避けること。
(3) 本剤の使用中に皮膚乾燥,皮膚不快感,皮膚剥脱,紅斑,そう痒症があらわれることがある。これらは治療開始 2 週間以内に発生することが多く,通常は軽度で一過性のものであることについて患者に説明すること。なお,本剤の継続使用中に消失又は軽減が認められない場合は,必要に応じて休薬等の適切な処置を行うこと。
このページのトップへ
細胞分化抑制作用(in vitro)
アダパレンは,T型トランスグルタミナーゼ(TGaseT※1)の発現を抑制した。(IC50 : 約0.6nM)
■ アダパレンの培養正常ヒト表皮角化細胞のTGaseT発現抑制作用
アダパレンの培養正常ヒト表皮角化細胞のTGaseT発現抑制作用
【試験方法】
正常ヒト表皮角化細胞(n = 4)を低カルシウム(0.15 mM)培養液で増殖させた後,培養液を高カルシウム(1.15 mM)培養液に交換してTGaseTの発現を誘導した。アダパレン及びトレチノインは培養液交換時に添加した。4日後細胞層のTGaseTの発現レベルをELISA法で測定し,TGaseT発現の50%阻害濃度(IC50値)を算出した。
※1 : TGaseT; 表皮角化細胞分化の最終段階で角層細胞の細胞膜直下へのコーニファイド・エンベロープ(cornified  envelope)の生成をもたらすタンパク架橋結合を触媒するカルシウム依存性酵素
※2 : トレチノイン ; all-trans -レチノイン酸
社内資料(表皮トランスグルタミナーゼ発現)
このページのトップへ