TOP >>

ディフェリン®ゲル Q&A

ディフェリン®ゲル Q&A
ニキビの原因ディフェリン®ゲルによる治療ディフェリン®ゲルの使い方

ディフェリン®ゲルの使用上の注意生活習慣
ニキビの原因
質問1 ニキビはどうしてできるのですか?
回答1 初期のニキビは目に見えない毛穴のつまりからはじまります。毛穴がつまっているので中に皮脂(あぶら)がたまり、目に見える白や黒色のニキビができます。さらに毛穴の中でふえたニキビ菌やたまった皮脂が原因で炎症がおこり赤いニキビができます。
このページのトップへ
ディフェリン®ゲルによる治療
質問2 ディフェリン®ゲルの使用開始からどれくらいでニキビがよくなりますか?
回答2 ディフェリン®ゲルを使用してから1〜2日でニキビが完治するということはありません。ニキビの症状や程度によって一人一人の患者さまで治療期間に差があります。
質問3 ディフェリン®ゲルはどのくらいの期間,使用を続ければよいですか?
回答3 ニキビの治療期間は,患者さまごとに異なります。ニキビの改善により使用をやめる時期については主治医と相談して決めましょう。また、治療開始3ヶ月以内にニキビが改善しない場合も主治医に相談しましょう。
質問4 顔以外の,胸や背中のニキビに使用することはできますか?
回答4 国内の臨床試験では,顔に発生したニキビに対しての治療と安全性を確立しています。顔以外のニキビに対しては効果と安全性を確認しておりませんので,顔のニキビのみにご使用ください。
質問5 ディフェリン®ゲルはニキビ痕(瘢痕:はんこん)に使用してもいいでしょうか?
回答5 瘢痕に対する効果と安全性は確立しておりませんので、瘢痕には使用しないでください。
質問6 ニキビをつぶしてもいいでしょうか?
回答6 ニキビをつぶすと炎症が悪化することがあるので,やめましょう。また、ニキビをつぶして傷ができてしまった部分にはディフェリン®ゲルを塗らないようにしてください。
このページのトップへ
ディフェリン®ゲルの使い方
質問7 ニキビ用の外用抗菌薬は、1日2回使用していたのですが、ディフェリン®ゲルは1日1回の使用でよいのですか?
回答7 国内の試験において,1日1回の塗布で効果を確認しています。1日1回おやすみになる前に洗顔後に使用してください。1日に2回塗ったり、1回に2回分塗ったりしないでください。
詳細はこちら
質問8 塗り方に「ニキビとその周囲に…」とありますが,どのくらいの範囲に塗ればいいのでしょうか?
回答8 ニキビの周りの毛穴では目に見えない小さな変化(毛穴のつまり)が起きていることがあります。それらをニキビに進行させないしないためにも,ディフェリン®ゲルはニキビとその周囲に面で塗りましょう。
詳細はこちら
質問9 塗り方に「適量」とありますが,どのくらいの量を塗るのがよいですか?
回答9 使用量は主治医の指示に従いましょう。ご不明な場合は、主治医にご相談ください。
このページのトップへ
ディフェリン®ゲルの使用上の注意
質問10 ディフェリン®ゲルの使用中に妊娠した場合どうすればよいですか?
回答10

「妊娠または妊娠している可能性のある婦人」はディフェリン®ゲルを使用できません。使用中に妊娠した場合、妊娠かなと思われた場合はすぐに使用をやめてください。これは動物試験では大量にのませた場合に骨や臓器に異常がある子どもが認められたからです。
詳細はこちら

質問11 ディフェリン®ゲルの使用中には日焼けをしないように指導されたのですが、どうしてですか?
回答11 過度の紫外線を浴びることで,ディフェリン®ゲルの塗布であらわれることのある肌の刺激症状(乾燥やヒリヒリがひどくなる,赤くなる,など)を悪化させることがあります。
ディフェリン®ゲルで治療中には日焼けをしないように,日傘や帽子,日焼け止めの使用をおすすめします。
質問12 ディフェリン®ゲルを使用して数日たちますが、肌が乾燥したり、ヒリヒリしたりします。
使用を継続しても問題ありませんか?
回答12 症状が気になる場合は、主治医に相談してください。
多くの患者さまが、ディフェリン®ゲルを使い始めて2週間以内に、このような皮膚刺激症状を経験するといわれています。通常は軽度で一時的なものですが、ディフェリン®ゲルの使用中に症状が消失したり軽減したりしない場合も、主治医に相談してください。
また、皮膚刺激症状を防ぐために、ディフェリン®ゲルを塗る前に低刺激性の保湿化粧品を使用してもいいでしょう。
質問13 今まで使用しているニキビ用化粧品や一般用医薬品はそのまま使いつづけてもいいですか?
回答13 主治医に使用している商品を伝え、使い続けてもいいかを確認してください。 ディフェリン®ゲルと他の刺激性のある外用剤(イオウ、レゾルシン、サリチル酸を含む薬剤、薬用又は研磨剤を含有する石鹸や洗剤、乾燥作用が強い石鹸や化粧品、ピーリング剤及び香料やアルコールを含有する薬剤及び収斂薬)と併用すると、皮膚刺激感が増すおそれがあるため注意が必要なので、主治医にご相談下さい。
質問14 ディフェリンゲルを他の容器に移して保管してもいいですか?
回答14 製品の品質が変わる可能性がありますので,チューブから出しての保管はさけてください。
このページのトップへ
生活習慣
質問15 ニキビをできにくくするための生活習慣はありますか?
回答15 一般にはチョコレートやピーナッツはニキビに悪いといわれていますが,特定の食品がニキビを悪化させることは証明されていません。ただし食べるとニキビがでやすいと経験している食品があれば,過剰に摂らないようにしましょう。極端にかたよりすぎないバランスのよい食事をおすすめします。 洗顔は,低刺激性の洗顔料を用いて,1日に2回の洗顔をおすすめします。
詳細はこちら
質問16 スキンケアはどのようにしたらいいですか?
回答16 乾燥は皮膚にとって大敵です。脱脂力の強い製品の使用をさけ、保湿化粧品でのスキンケアを心がけましょう。
ニキビ治療時のスキンケアについてはこちら
このページのトップへ